WBC テオティワカン・ベルト 「カネロsプラント勝者に贈呈!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCはメキシコ独立記念日の為に、”テオティワカン・ベルト”を製作したが、9月18日(日本時間19日)には主要な試合が行われない事になり、この特別なベルトは、11月6日(日本時間7日)に米・ラスベガスで開催される、カネロ・アルバレスvsカレブ・プラントの勝者に授与される事が発表された。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー