オスカル・バルデスvsリオ五輪金コンセイサン 「結果」WBC世界スーパーフェザー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月10日(日本時間11日)、米・アリゾナ州ツーソンのカジノ・デル・ソルで開催されたトップランク興行のメイン。WBC世界スーパーフェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)=29戦全勝(23KO)=に、リオ五輪ライト級金メダリストで、同級14位のロブソン・コンセイサン(ブラジル)=16戦全勝(8KO)=が挑んだタイトル戦は、バルデスが判定勝ち。スコアは117-110、115-112、115-112(コンセイサンは9回後頭部への打撃で減点1)。上手く戦ったコンセイサンだが、中盤以降圧力を上げたバルデスの攻勢に後退する場面が多くなり、勝ちきるには至らなかった。しかしl、バルデスにも会心のヒットはなく、フラストレーションがたまる勝利となった。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー