ポールvsウッドリー 「ファイトマネー」 セラノvsメルカド Showtime PPV興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8月29日(日本時間30日)に米・オハイオ州クリーブランドのロケット・モーゲージ・フィールドハウスで開催された、Showtime PPV興行のファイトマネー(ボーナス含む)。ジェイク・ポールは280万ドル(約3億760万円)で、そのうち100万ドル(約1億990万円)をUFCファイター、他のボクサー(女子を含む)をサポートする為に寄付。タイロン・ウッドリーは107万ドル(約1億1750万円)。アマンダ・セラノは54万2千ドル(約5950万円)でこれまでの女子最高額。ヤミレス・メルカド6万6千ドル(約730万円)。ダニエル・デュボア20万ドル(約2200万円)、ジョー・クスマノ7万9千ドル(約870万円)。イバン・バランチェク12万6千ドル(約1380万円)、モンタナ・ラブ12万ドル(約1320万円)。トミー・フューリー72万2千ドル(約7900万円)、アンソニー・テイラー10万2千ドル(約1120万円)。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー