ジョー・スミスJr vs 指名挑戦者サラモフ 「契約!」WBO世界ライトヘビー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO世界ライトヘビー級王者ジョー・スミスJr(米)=27勝(21KO)3敗=と、同級3位の指名挑戦者ウマール・サラモフ(ロシア)=26勝(19KO)1敗=がタイトル戦契約を締結した事を、スミスJrの共同プロモーター、ジョー・デガーディアが示唆。試合は10月下旬から11月上旬にトップランク興行のメインとして行われる。試合場は米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターが有力。また、スミスJrが王座の防衛に成功した場合、来年1月か2月にニューヨークでダニエル・ジェイコブス(米)の挑戦を受ける計画が進んでいる事を明かした。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル