テオフィモ・ロペスvsジョージ・カンボソスJr 「中東開催浮上!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

豪州・シドニーでの開催がIBFにより否決された、ライト級王者テオフィモ・ロペス(米)と、同級1位ジョージ・カンボソスJr(豪)の指名戦が、サウジアラビアまたはアラブ首長国連邦で再スケジュールされる可能性がある事を、入札により興行権を獲得しているTrillerの共同創設者ライアン・カバノフが明かした。ロペスのマネジャー、デビッド・マックウォーターは中東開催を歓迎。Trillerはこの試合の契約を8月24日(日本時間25日)までに完了させ、10月17日(日本時間18日)までに開催する事を義務付けられている。契約を完了できない場合、入札第2位のマッチルーム・ボクシング、3位のトップランクの順に興行権は移動する。今後の動向に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル