【Photo】 リゴンドウvsカシメロ WBO世界バンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8月14日(日本時間15日)。米・カリフォルニア州カーソン、ディニティ・ヘルス・スポーツ・パーク。WBO世界バンタム級タイトルマッチ。王者ジョンリエル・カシメロ(比)=30勝(21KO)4敗=vs前WBA世界同級レギュラー王者・同級4位ギレルモ・リゴンドウ(キューバ)=20勝(13KO)1敗1NC=。

 

 

試合開始。

 

 

カシメロはジワリ前進し、パワフルなパンチを振って行く。

 

 

リゴンドウはサークリングしながらカウンター狙い。自ら仕掛ける事はなかった。

 

 

試合終了と同時に両選手が手を挙げ、自らの勝利をアピール。

 

 

勝者はカシメロ。スコアはロバート・ホイル(米)117-111、ダニエル・サンドバル(米)116-112でカシメロ。ティム・チェイサム(米)は115-113でリゴンドウのスプリット。

 

 

WBO王座を護ったカシメロは、WBC王者ノニト・ドネア(比)、IBF&WBAスーパー王者の井上尚弥(大橋)選手との王座統一戦を希望。井上選手はこのクラスでの4団体王座統一を望んでおり、それが実現へ向かう事は間違いない。この先が楽しみです。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル