ラッセルvsロドリゲス 「結果」 WBA世界バンタム級挑戦者決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8月14日(日本時間15日)、米・カリフォルニア州カーソンのディニティ・ヘルス・スポーツ・パークで開催された、WBA世界バンタム級挑戦者決定戦。同級2位ゲーリー・アントニオ・ラッセル(米)=18戦全勝(12KO)=と、同級7位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)=19勝(12KO)2敗=の一戦は、試合開始直後、偶然のバッティングによりロドリゲスが激しくキャンバスへ倒れ込み出血、そのまま試合は終了となり、初回16秒無判定となった。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー