11月 ジェルボンテ・デービスvsキース・サーマン 「ウェルター級で対戦交渉進行中!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

6月にWBA世界スーパーライト級レギュラー王者マリオ・バリオス(米)に11回KO勝ちし、3階級制覇に成功したジェルボンテ・デービス(米)=25戦全勝(24KO)=が、ウェルター級に上げて、2019年7月にマニー・パッキャオ(比)に敗れ世界王座を失って以来リングを遠ざかっている、元王者キース・サーマン(米)=29勝(22KO)1敗=と、11月に対戦する話が浮上。デービス陣営は自信満々だが果たして。今後の動向に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー