カネロ・アルバレスvsカレブ・プラント 「開催は無し!」 9/18ならドミトリー・ビボル | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC、WBO世界スーパーミドル級&WBAスーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が、9月18日(日本時間19日)に米国で予定する次戦で、IBF世界同級王者カレブ・プラント(米)と対戦する可能性が無くなった事を、交渉を主導していたエディ・ハーンが確認。カネロが9月に戦う事を選択した場合、WBA世界ライトヘビー級スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)が有力な対戦相手となり、9月に戦わない場合は、今年後半の実現を目指しプラントとの交渉を再開させるとしている。近日中にカネロが決定を下す事になる。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー