IBFスーパーフライ級挑戦者決定戦 「入札結果」 3位オバーディvs4位ロドリゲスJr | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

本日開催されたIBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦。同級3位(1、2位は空位)モハメド・オバーディ(モロッコ・イタリア在住)vs同級4位ランシスコ・ロドリゲスJr(メキシコ)の入札は、参加者無しで終わった。ロドリゲスJrはWBOの指名挑戦者として井岡一翔(志成)選手への挑戦が決まっており、オバーディと挑戦権を争う一番手は、同級5位石田 匠 (井岡)選手になる。今後の動向に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル