8/14 セサール・カノvs15戦全勝ソリージャ / アルバラード兄弟出場 GBP興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

8月14日(日本時間15日)に米・テキサス州フリスコのフォード・センターで開催される、バージル・オルティスvsエギディウス・カバラウスカスをメインとするGBP興行に、フェリックス&レネのアルバラード兄弟(ニカラグア)が出場。レネはWBA世界スーパーフェザー級レギュラー王者ロジャー・グティエレス(ベネズエラ)と、王座奪回を賭けダイレクトリマッチで対戦。IBF世界ライトフライ級王者フェリックスは、WBA7位、WBC9位、IBF12位、WBO13位エリック・オマール・ロペス(メキシコ)の挑戦を受ける。また、ホルヘ・リナレス(帝拳)選手に初回TKO勝ちを収めている、WBC世界スーパーライト級7位パブロ・セサール・カノ(メキシコ)が、15戦全勝(11KO)のレコードを持つWBO13位ダニエリト・ソリージャ(プエルトリコ)とグローブを交える。放映はDAZN。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル