チャーロvsカスターニョ 「結果」 世界スーパーウェルター級4団体王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

7月17日(日本時間18日)、米・テキサス州サンアントニオのAT&Tセンターで開催された、世界スーパーウェルター級4団体王座統一戦。WBC&IBF、WBAスーパー王者ジャーメル・チャーロ(米)=34勝(18KO)1敗=と、WBO王者ブライアン・カルロス・カスターニョ(亜)=17勝(12KO)無敗1分=の一戦は、12回引き分け。スコアはネルソン・バスケス(プエルトリコ)117‐111チャーロ、スティーブ・ワイズフェルド(米)114-113カスターニョ、ティム・チェイサム(米)114-114。強打のチャーロに接近戦を挑むカスターニョ。最終ラウンドまで続いた両選手の緊迫した攻防戦は決着つかず。好ファイト。


【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー