カネロ・アルバレス 「次戦相手にドミトリー・ビボル浮上!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月に次戦が決まっている、WBC、WBO世界スーパーミドル級&WBAスーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)は、IBF世界同級王者カレブ・プラント(米)との交渉を進めているが、プラント陣営は提示されている600万ドルの報酬を不服とし、1000万ドルを要求している事から対戦同意に至っていない。プラントとの交渉を主導しているエディ・ハーンは、タイムリミットが近いことを示唆し、対戦同意に達しない場合、カネロがライトヘビー級へアップし、WBAスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)へ挑戦するプランがある事を明かした。WBC&IBF王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)も対戦相手候補にあがっており、今後の動向に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル