WBA世界ウェルター級 「パッキャオの王座復帰無し!」 ウガスvsベルト | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAはウェルター級休養王者マニー・パッキャオ(比)の王座復帰を認めない事を決定。8月21日(日本時間22日)に米・ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催される、WBC&IBF世界同級王者エロール・スペンスJr(米)との試合は、スペンスの持つ二つの王座と、リング・マガジンの王座が賭けられる。WBA世界同級はスーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)、レギュラー王者ジャマル・ジェームス(米)、ゴールド王者バージル・オルティス(米)が存在。また、パッキャオsスペンスrのアンダーカード出場が決まっているウガスの挑戦者には、3年間のブランクがある元王者アンドレ・ベルト(米)の名前が浮上している。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

楽天モバイル