タイソン・フューリー 「新型コロナ陽性!」 vsワイルダー延期 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

7月24日(日本時間25日)に米・ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催予定のWBC世界ヘビー級タイトルマッチで、王者タイソン・フューリー(英)陣営のトレーニングキャンプから、新型コロナウィルスの感染者が確認された中に、フューリー自身も含まれていたことが判明。フューリーはワクチンの接種を受けていたが、それは一度のみで2度目は受けていない事も明らかにされた。試合は延期となり、最短で9月開催と予測されている。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー