WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー陣営から新型コロナ陽性者! | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

7月24日(日本時間25日)に米・ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催が決まっている、WBC世界ヘビー級タイトルマッチで、王者タイソン・フューリー(英)陣営のトレーニングキャンプから、新型コロナウィルスの感染者が確認された。フューリーの共同プロモーター、ボブ・アラムは王者がワクチン接種を終えている事をふまえ、試合の延期は無いとしているが、ディオンテイ・ワイルダー(米)との3度目の対戦は、9月まで延期される可能性がある。今後に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー