6/26 ワシル・ロマチェンコvs中谷正義 「勝たないと意味がない!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

6月26日(日本時間27日)に米・ラスベガスのヴァージンホテルで開催さる、トップランク興行のメインカードで対戦する、前世界ライト級4団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、WBO世界ライト級5位、WBA9位、WB9位、IBF10位中谷正義(帝拳)選手が、同地で記者会見に臨んだ。中谷選手は、「自分に取って一番のビッグマッチで大変うれしい。でも、闘うだけじゃなく、勝たないと意味がない。だから絶対に勝ちます」とアピール。まさか、ロマチェンコとラスベガスのメインで戦うことが出来る日本人選手が出るとは思ってもいませんでしたが、体格差を活かしたボクシングで世界中をアッと言わせることを期待!。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー