井上尚弥vsダスマリナス 「結果」 IBF&WBA世界バンタム級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

6月19日(日本時間20日)、米・ラスベガスのヴァージンホテルで開催されたトップランク興行のメイン。IBF世界バンタム級&WBA同級スーパー王者井上尚弥(大橋)選手=20戦全勝(17KO)=に、IBF世界同級1位マイケル・ダスマリナス(比)=30勝(20KO)2敗1分=が挑んだタイトル戦は、井上選手が3回2分45秒KO勝ち。初回、長身サウスポーの挑戦者に左フックを合わせた井上選手は、2回、左ボディで先制のダウンを奪う。続く第3ラウンド。プレスを強めた王者は再び左ボディで挑戦者をキャンバスへ落とす。カウント9で再開後、またもや井上選手の左ボディがダスマリナスにめり込むと、この試合3度目のダウン。ラッセル・モラ(米)主審は即座に試合をストップした。井上選手の圧勝。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング