【Photo】 ドグボエvsロペス 「計量」 メイヤーvsファリアス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

6月19日(日本時間20日)に米・ラスベガスのヴァージンホテルで開催される、井上尚弥vsマイケル・ダスマリナス興行アンダーカードの前日計量。フェザー級10回戦に出場する元WBO世界スーパーバンタム級王者アイザック・ドグボエ(ガーナ)=21勝(15KO)2敗=は、125.25ポンド。NABFフェザー級王者アダム・ロペス(米)=15勝(6KO)2敗=はリミットの126ポンドでパス。

 

 

WBO女子スーパーフェザー級タイトル戦。王者ミカエル・メイヤー(米)=14戦全勝(5KO)=は129.25ポンド。挑戦者の元2階級制覇王者エリカ・ファリアス(亜)=26勝(10KO)4敗=は128.25ポンドでパス。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

UQモバイル