テオフィモ・ロペス 「新型コロナウィルス陽性!」 IBF指名戦は延期 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

世界ライト級4団体王者テオフィモ・ロペス(米)が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応(症状有)。19日(日本時間20日)に米・フロリダ州マイアミのローンデポット・パークで予定されていた、IBF同級1位ジョージ・カンボソスJr(豪)とのタイトル戦は延期された。主催者のTrillerは8月14日(日本時間15日)に再スケジュールされる事を示唆している。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

UQモバイル