6/25 44歳・1位アグべコvs2位バトラー WBO世界バンタム級挑戦者決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

MTKグローバルは6月25日(日本時間26日)に英・ボルトンのボルトン・ホワイツ・ホテルで、ダブル世界挑戦者決定戦興行を発表。IBF世界フライ級挑戦者決定戦。同級5位リカルド・サンドバル(米)=18勝(13KO)1敗=と、同級8位ジェイ・ハリス(英)=18勝(9KO)1敗=と、空位のWBOインターナショナルバンタム級王座を賭けた挑戦者決定戦で、1位ジョセフ・アグベコ(ガーナ)=38勝(28KO)5敗=と、2位ポール・バトラー(英)=32勝(12KO)2敗=が対戦する。2013年12月にギレルモ・リゴンドウ(キューバ)に敗れて以来、自国で9連勝のアグべコだが、最新試合では44歳の年齢を感じさせ、厳しい試合となりそう。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング