ジャン・パスカル 「薬物陽性!」 WBA世界ライトヘビー級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA世界ライトヘビー級正規王者ジャン・パスカル(カナダ)=35勝(20KO)6敗1分1NC=が薬物検査に失敗。パスカルはVADAによる検査で、ステロイドのエピトレンボロン、ドロスタノロン及びドロスタノロン代謝物の陽性反応を示した。6月6日(日本時間7日)に米・フロリダ州マイアミで予定されていた、元2階級制覇王者バドゥ・ジャック(スウェーデン)=23勝(13KO)3敗3分=との再戦はキャンセル。ジャックは他の対戦相手を探している。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

UQモバイル