7/24 フューリーvsワイルダー ・ 8月 ジョシュアvsウシク | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

ボブ・アラムはWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)と、前王者ディオンテイ・ワイルダー(米)の第3戦を、7月24日(日本時間25日)に米・ラスベガスのアレジアント・スタジアムでの開催を目指している事を示唆。一方、アンソニー・ジョシュア(英)は、アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)と、8月21日(日本時間22日)か、28日(日本時間29日)に対戦するプランが出ている。ディオンテイ・ワイルダー(米)が提示した、2千万ドル(約21億7800万円)の待ち料の支払いは現実的ではなく、フューリーvsジョシュアは、それぞれが勝ってからの実現になる事が濃圧となった。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング