ボブ・アラム 「ワイルダーに待ち料支払わない!」 ジョシュアvsフューリーvsワイルダー | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)の共同プロモーター、ボブ・アラムは、フューリーが前王者ディオンテイ・ワイルダー(米)との3度目の対戦が、仲裁裁判官ダニエル・ウェインスタインにより、9月15日(日本時間16日)までに履行される事とした裁定に付いてコメント。ワイルダーに対し、待ち料を支払う考えは無く。先にフューリーvsワイルダーⅢを済ませ、アンソニー・ジョシュア(英)との戦いは今年11月か12月に実現させたいと語った。また、アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)擁するアレックス・クラシュークは、ジョシュアのプロモーター、エディ・ハーンに接触。ジョシュアvsウシクに付いて話し合いを始めた。ワイルダーへの待ち料は100万ドル単位で、相当な金額が要求されるものと見られている。今後の行方に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング