「カネロvsソーンダース」 vs 「アリvsスピンクス」 観衆記録更新!  | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

5月8日(日本時間9日)に米・テキサス州アーリントンのAT&T・スタジアムで開催される、WBC世界スーパーミドル級&WBA世界同級スーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)と、WBO世界同級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)の王座統一戦は、プロモーターのエディ・ハーンが約6万5千枚のチケットを販売した事が明らかになった。

 

 

これまでの米・ボクシング屋内競技場の最高入場者数は、1978年9月にルイジアナ州ニューオリンズのスーパー・ドームで行われた、アリvsスピンクスⅡの63,352人となっているが、記録はぬりかえられることになりそう。また、カネロvsソーンダースの前日計量は、先着5千人が無料入場。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング