前ヘビー級王者アンディ・ルイスJr 「30ポンド減量」 vsアレオーラ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

前3団体統一世界ヘビー級王者アンディ・ルイスJr(米)は、2019年12月にアンソニー・ジョシュア(英)との再戦に敗れて以来の再起戦。5月1日(日本時間2日)のクリス・アレオーラ(米)に備え、約30ポンド減量。目標は245ポンドだという。あっけなく世界王座を失ったのは、不摂生が大きな原因とされ、自身もパーティ三昧だった生活を大いに反省。今度の試合が楽しみです。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング