前IBF王者ワーリントンvsララⅡ 「英・リーズ 開催拒否!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月4日(日本時間5日)に英・リーズのヘディングリー・スタジアム(約2万人収容)で開催が予定されていた、前IBF世界フェザー級王者ジョシュ・ワーリントン(英)と、同級4位マウリシオ・ララ(メキシコ)の再戦は、ワーリントンの地元である開催地リーズの市議会が、試合の開催を拒否する事を決定。2月に無名のララにまさかの9回TKO負けを喫したワーリントンは、地元での雪辱に燃えていたが、この報を受け「悔しくてがっかりしている」とコメント。しかし、「これが覆されて、素晴らしい夜を過ごせる事を願っている」と、今後への期待をにじませた。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング