6/19 ハイメ・ムンギア DAZN GBP興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

4月23日(日本時間24日)に米・テキサス州エルパソのドン・ハスキンス・コンベンション・センターで予定されていた、前WBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)=36戦全勝((29KO)=の次戦は、対戦相手、ディミトリアス・バラード(米)の肘の怪我により中止。ムンギアの次戦は、6月19日(日本時間20日)にスライドした。対戦相手は最初に対戦が決まっていた(膝の故障で変更)WBC4位マチエ・スレツキ(ポーランド)=29勝(11KO)2敗=が有力と見られているが、まだ、発表されておらず流動的。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング