5/29 東京五輪金メダル候補カリル・コー 「プロデビュー」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

東京オリンピックの金メダル候補カリル・コー(米)が、エディ・ハーンのマッチルーム・ボクシングと契約。5月29日(日本時間30日)に 米・ラスベガスのミケロブウルトラ・アリーナ(旧マンダレイベイ・イベントセンター)で開催される、デビン・ハニーvsホルヘ・リナレス興行でプロデビューが決まった。コーは2年前にリオ五輪金メダリストのフリオ・セサール・ラ・クルス(キューバ)を破り注目を集めていた。ライトヘビー級でスタートし、スーパーミドル級で世界制覇を狙っている。

 

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング