5/15 WBAヘビー級休養王者マフムード・チャーvs19戦19KOラブジョイ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

2017年11月にWBA世界ヘビー級レギュラー王座を獲得して以来、一度も戦っていないWBA世界同級休養王者マフムード・チャー(独)=31勝(17KO)4敗=が、5月15日(日本時間16日)にドイツ・ハンブルグで、約3年半ぶりにリング復帰。19戦全勝(19KO)のレコードを持つクリストファー・ラブジョイ(米)と戦う事を、自身が主宰するダイヤモンドボーイ・プロモーションが発表。さて、今度は大丈夫か?。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング