9/4 前IBFフェザー級王者ジョシュ・ワーリントンvsマウリシオ・ララ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

2月に無名のマウリシオ・ララ(メキシコ)=22勝(15KO)2敗1NC=にまさかの9回TKO負けを喫した、前IBF世界フェザー級王者ジョシュ・ワーリントン(英)=30戦(7KO)1敗=は、再戦契約を行使し9月4日(日本時間5日)に英・リーズのヘディングリー・スタジアムで、ララと再戦する計画がある事をエディ・ハーンが示唆。ハーンは約2万人収容のスタジアムに、満員の観衆を集める事が出来ると信じていると語り、ワーリントンが”英国リング史上最大の番狂わせ”への、リベンジを果たす事を期待している。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング