62億円減収! カネロ・アルバレス 2020年総所得 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界スーパーミドル級&WBAスーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)の2020年の総所得を、米経済紙フォーブスが発表。前年の9200万ドル(約100億2800万円)から5700万ドル(約62億1千万円)減の、3500万ドル(約38億1500万円)となっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響を最も受けたアスリートであるカネロは、昨年はカラム・スミス(英)との一試合のみだった。また、カネロの総資産は1億4千万ドル(152億6千万円)になると報告されている。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング