尾川vsラヒモフ勝者への挑戦者決定戦 「ウォードvsフジレ」 IBFスーパーフェザー級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBFは世界スーパーフェザー級王座への次期指名挑戦者決定戦を、同級4位マーティン・ジョセフ・ウォード(英)と、同級5位アジンガ・フジレ(南ア)で行う事を指令。同級3位尾川堅一(帝拳)選手と、同級1位シャフカッツ・ラヒモフ(タジキスタン)による王座決定戦の勝者は、ウォードvsフジレの勝者と初防衛戦を行う事になる。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング