4/2 岩佐亮佑の標的 アフマダリエフ 次戦! IBF&WBA世界スーパーバンタム級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

IBF世界スーパーバンタム級&WBA世界同級スーパー王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)と契約するマッチルームUSAのエディ・ハーンは、次戦を4月2日(日本時間3日)にウズベキスタンで計画している事を明らかにした。IBF世界同級暫定王者岩佐亮佑(セレス)選手との対戦が期待される。同日はWBA世界スーパーウェルター級1位イズライル・マドリモフ(ウズベキスタン)と、2016年リオ五輪ウェルター級銀メダリストのシャフラム・ギアソフ(ウズベキスタン)=10戦全勝(8KO)=らも出場を予定。