訃報! レオン・スピンクス 元世界ヘビー級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

5日(日本時間6日)、元世界ヘビー級王者レオン・スピンクス(米)が67歳で逝去。1976年のモントリオール五輪でライトヘビー級金メダルを獲得し、1977年1月にプロデビュー。1978年2月、プロ8戦目でモハメッド・アリ(米)からWBA&WBC世界ヘビー級王座を奪取したが、9月の再戦で敗れ無冠。1986年10月には来日し、プロレスラーのアントニオ猪木と異種格闘技戦を行った。通算プロボクシング戦績は、26勝(14KO)17敗3分。最近5年間は癌との闘病生活を送っていた。ご冥福をお祈りいたします。