ジョシュ・テイラーvsホセ・ラミレス 「カネロvsソーンダースと競合避ける!」 トップランク | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

トップランクは5月8日(日本時間9日)に米・ラスベガスのMGMグランドで開催を計画していた、IBF世界スーパーライト級&WBA同級スーパー王者ジョシュ・テイラー(英)=17戦全勝(13KO)=と、WBC&WBO世界同級王者ホセ・カルロス・ラミレス(米)=26戦全勝(17KO)=による王座統一戦を、別の日に移動する事を決定。同日はDAZN放映によるカネロvsソーンダースの開催が有力となった為、ESPNは競合を避ける事になった。