3/13 IBF世界ウェルター級1位アブドゥカハロフvsハビエル・フローレス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

トップランクを離脱し、新たにサンプソン・リューコーイッツのサンプソン・ボクシングとプロモート契約を締結した、IBF世界ウェルター級1位クァドラティロ・アブドゥカハロフ(ウズベキスタン)=17戦全勝(9KO)=は、3月13日(日本時間14日)に米・コネチカット州アンカスビルのモヘガン・サン・カジノで開催されるPBC興行で、ハビエル・フローレス(プエルトリコ)=15勝(13KO)2敗=と対戦。2019年3月に米・フィラデルフィアで、小原佳太(三迫)選手との挑戦者決定戦に勝ち、王者エロール・スペンスJr(米)への挑戦権を獲得しているアブドゥカハロフが、スペンスJrと同じサウスポーのフローレスを相手に、どんな戦いを見せるか注目。