ルイス・ネリ「井上尚弥が階級上げたら、すぐに戦いたい !」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界スーパーバンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は、今後数年間は今の階級に留まる考えを明らかにし、3月末に計画されているWBA世界同級正規王者ブランドン・フィゲロア(米)との試合に勝った後に、同じPBCファイターの新WBO王者スティーブン・フルトン(米)との対戦を希望。このクラスの王座統一を目指す考えを示唆し、井上尚弥(大橋)選手が階級を上げて来るなら、「すぐに戦いたい」と、相変わらずの自信家ぶりをあらわにしている。