3/13 ロマゴンvsエストラーダ / 京口紘人vsアラゴン / マカスキルvsブレークフス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

3月13日(日本時間14日)に米・テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開催される、マッチルームUSA興行はトリプル世界戦。メインはWBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と、WBC世界同級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)による王座統一戦。そして、米国進出第一戦となるWBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)選手は、元世界ミニマム級挑戦者アクセル・アラゴン(メキシコ)と3度目の防衛戦。世界女子ウェルター級4団体統一王者ジェシカ・マカスキル(米)と、前王者セシリア・ブレークフス(ノルウェー)のダイレクトリマッチもセットされた。放映はDAZN。