WBC世界フランチャイズ王者 「ウェイト移動は自由!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCはフランチャイズ王者は、指名試合に制限される事なく、自由にウェイトの移動が出来るとの声明を発表。ミドル級フランチャイズ王者に認定しているサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)を意図してのものと思われるが、ライト級フランチャイズ王者のテォフィモ・ロペス(米)も、スーパーライト級王座に色気を見せており、WBCルールに基づきカネロと同じ道を行く事になりそう。