WBC指令! フライ級王者マルティネスvs1位アローヨ | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCは世界フライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)と、同級1位マクウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ)の指名戦を指令。交渉期限は2月5日(日本時間6日)となっている。また、同じく女子世界フェザー級王者ジェレーナ・ムルジェノビッチ(カナダ)と、7階級を制覇しているアマンダ・セラーノ(プエルトリコ)の対戦も指令した。