3/6 ポベトキンvsホワイトⅡ WBC世界ヘビー級暫定戦 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBC世界ヘビー級暫定王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)の新型コロナウイルス感染により延期されていた、前暫定王者ディリアン・ホワイト(英)との再戦は、3月6日(日本時間7日)に英国で開催する事を、プロモーターのエディ・ハーンが明らかにした。ハーンはホワイトが勝った場合、次にホワイトvsディオンテイ・ワイルダー(米)の実現を目指す考え。