1/30 「元王者フェンテスvs18戦全勝クェラ」 メキシコ・新旧対決 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

日本のリングで田中恒成(畑中)選手、比嘉大吾(Ambition)選手らと世界戦を戦った元2階級制覇王者モイセス・フェンテス(メキシコ)が、1月30日(日本時間31日)にメキシコシティで、18戦全勝(11KO)のレコードを持つ19歳の新鋭ダビド・フェルナンド・クェラ(メキシコ)と対戦。2018年2月に比嘉選手に初回KO負け、同年9月にローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に5回TKO負けと連敗中のフェンテスが、10回戦の経験が1度しかない新鋭相手に、どんなファイトを見せるのか注目。