ヘレニウスvsコウナッキー 「再戦へ!」 WBA世界ヘビー級ゴールド戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA世界ヘビー級ゴールド王者ロバート・ヘレニウス(フィンランド)=30勝(19KO)3敗=と、同級6位アダム・コウナッキー(ポーランド)=20勝(15KO)1敗=の再戦が今春計画されている。両選手は

昨年3月に米・ニューヨークで戦い、30対1の予想を覆しヘレニウスがコウナッキーに4回TKO勝ち。この勝利によりへレニウスは、WBAからゴールド王者として認定された。再戦もスリリングな試合となりそうです。