比嘉大吾vsストロング小林佑樹 「結果」 WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトル戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

31日、東京・大田区総合体育館で開催されたWBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチ。王者ストロング小林佑樹(六島)選手に、元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(Ambition)選手が挑んだ一戦は、比嘉選手が第5ラウンド45秒KO勝ち。初回から積極的に打って出た比嘉選手に対し、小林選手も下がらず応戦し反撃。しかし、パワーに勝る比嘉選手は左右アッパー、左ボディを効果的に決め、迎えた第5ラウンド、強烈な右アッパーのダブルで小林選手をノックアウト。