WBCライト級王者テビン・ハニー 「二つの指名戦義務付け!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCマウリシオ・スライマン会長は、ライト級王者王者テビン・ハニー(米)に対し、二つの指名戦義務がある事を確認。来年1月2日(日本時間3日)に米・テキサス州ダラスで開催される、3位ルーク・キャンベル(英)と、4位ライアン・ガルシア(米)による暫定王座決定戦勝者との対戦が第一の義務で、その後、2位ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ)の挑戦を受ける事とされている。ハニーが希望するテオフィモ・ロペス(米)、ジェルボンテ・デービス(米)らとの王座統一戦は、二つの指名戦を消化した後となりそう。