ジョシュア 「WBO王座明ける用意ある!」 vsフューリー 世界ヘビー級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO、IBF世界ヘビー級&WBAスーパー王者アンソニー・ジョシュア(英)は、次戦でWBC世界同級王者タイソン・フューリー(英)との対戦を実現させる為に必要なら、WBO王座を放棄する考えがある事を示唆。WBO王座は1位で指名挑戦権を有するアレクサンデル・ウシク(ウクライナ)と戦う事が義務付けられており、ウシクの共同プロモーター、アレクサンドル・クラシュークは、「我々は待つ気はない。4月または5月にジョシュアvsウシクを作るつもり」と宣言している。しかし、最近になりウシク自身は、「待つ事により4団体統一王者と対戦のチャンスが訪れるなら、それも構わない」との意向を明らかにしている。、しかし、ジョシュアvsフューリーの対戦契約には即時再戦条項が付随する事になっており、今後のWBO王座の行方に注目。