ロドリゲス 「即時再戦要求!」 vsカバリョ WBC世界バンタム級 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

19日(日本時間20日)に米・コネチカット州アンカスビル、モヘガン・サン・カジノで開催された、WBC世界バンタム級暫定王座決定戦で、レイマート・ガバリョ(比)にスプリットの判定負けを喫した、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)のマネジャー、ファン・オレンゴは、WBCに提訴し、即時再戦を求める事を明らかにした。新型コロナウイルスの陽性反応検出により、ロドリゲスとの対戦がかなわなかったノニト・ドネア(比)も待機しており、WBCがどのような裁定を下すのか興味が持たれる。なお、新型コロナウイルスへの感染により、米国でのロドリゲス戦出場が出来なかった同級正規王者ノルディ・ウーバーリ(仏)は、WBCから任意の防衛戦を許可されている。