ロドリゲスvsガバリョ 「スコアカード」 WBC世界バンタム級暫定王座決定戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

19日(日本時間20日)、米・コネチカット州アンカスビル、モヘガン・サン・カジノで開催されたPBC興行のメイン。WBC世界バンタム級暫定王座決定戦。同級4位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)=19勝(12KO)1敗=と、WBA世界同級1位、WBC26位レイマート・ガバリョ(比)=23戦全勝(20KO)=戦のスコアカード。ドン・トレラ(米)116-112ガバリョ、ジョン・マクカイエ(米)115-113ガバリョ、デイビッド・サザーランド(米)118-110ロドリゲス。ガバリョが新王者となったが、ロドリゲスの勝利を推す声も多く上がっている。