アンソニー・ジョシュアvsタイソン・フューリー 「4団体ベルト放棄も!」 世界ヘビー級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBO、IBF世界ヘビー級&WBAスーパー王者アンソニー・ジョシュア(英)と、WBC世界同級王者タイソン・フューリー(英)の英国人同士による、世界ヘビー級4団体王座統一戦実現を画策する、ジョシュアのプロモーター、エディ・ハーンは、WBA、WBC、IBF、WBOに対し、両者の対戦を実現させるためにすべてのタイトルを放棄する事が出来るとの警告を発した。英国内はもちろん、全世界が注目の世界ヘビー級頂上対決。4団体すべてのベルトを賭けて戦うには、WBO1位アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)との指名戦を回避せねばならず、「待つつもりはない」というウシクもプロモートするハーンは、4団体の王座jを放棄してでも、ジョシュアvsフューリーを実現させる考えを明らかにした。今後に注目。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング